読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sibainukaijuu's diary

音響外傷後の耳鳴り・聴覚過敏・耳管開放症・顎関節症等を乗り越えて普通の人生を送れるか、日々の生活を綴っています。受傷した原因をコメントにて受け付けております。避けられるケガで苦しむ人を少しでも減らせないでしょうか。皆様の貴重な体験を共有できたらと思います。ご協力いただけると嬉しいです。

働く ということ

音響外傷2年

具合が悪くて凹んでいた時のこと。

だいたい考えることが

誰の役にもたつことが出来ない・・・

働きたいのに働けない

働ければ楽しいのにあの場にいられない

働ければお金も稼げるのに、何も出来ない

こうして寝込んでいるだけの人生は、暗いなぁ・・・

未来はどうなのかなぁ

 

みたいな感じをグルグル。

働く=社会での居場所

  =自分の価値

みたいに考えちゃって、自分自身がすごく無力で情けなくて。

 

先日書いた

『自分が幸せになりたかったら、他者を幸せにすること』

そして

家族に笑顔をみせるだけでも、笑顔の先の相手に幸せな気持ちを与えている

ということ。

 

そこに加えて

今日は最近読んだ本から私が感じた

『働く』

ということをお話しさせてください(^^)

 

『働く』

にんべんに動くって漢字です。

人が動く ことが働くということ

人のために動く ことが働くということ

だとしたら

それはお金を稼ぐことだけに関わることではないと感じました。

 

働けない=無職で稼ぎがない

そしてそれを情けなくて自分がちっぽけに感じて凹んでいたけど

旦那のために仕事着を手洗いする

→(主婦だから当たり前なのかもしれないけど・・・)

家族を思いやる、体調や心境をくみ取って声をかける、

健康や幸せや毎日の平穏に感謝し、『ありがとう』、『有難い』を心に保つ

そうゆう、心の温かさを持ちながら生きることも

十分、大きな『働く』と言うことなんではないでしょうか。

 

今、具合が悪い方、いらしたら

こんな考えもありますので

どうか、自分の『今』をもう少し大きく認めてあげてください(^^)

 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス