読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sibainukaijuu's diary

音響外傷後の耳鳴り・聴覚過敏・耳管開放症・顎関節症等を乗り越えて普通の人生を送れるか、日々の生活を綴っています。受傷した原因をコメントにて受け付けております。避けられるケガで苦しむ人を少しでも減らせないでしょうか。皆様の貴重な体験を共有できたらと思います。ご協力いただけると嬉しいです。

出産1か月前にすること

音響外傷1年半

関東甲信の梅雨明けが発表されました。

私の子供の頃は、夏休みの最初、7月中は梅雨明けしたとは名ばかりで

涼しいイメージでしたが・・・

最近は暑くて

水分が満足に摂れないつわり妊婦は

喉が渇くし

汗で出ちゃうし

夏の妊婦さんは大変だと実感。

 

昨夜

旦那が

『12月にライブをやりたい。もう構想は他の人に話してある』

と言い出した。

私の出産予定日は1月です。

そうゆう

ものなのでしょうか・・・

もし、これを読んでいただける中に男性がいらっしゃったら

毎回女性目線で申し訳ありません。

 

私はとても

残念でした。

元々怒ったりしない性分なので

もちろんこの話を聞いて怒ることはありませんが

怒る というより

残念

ショック

で、ス~っといろんな熱が冷めるような感覚になりました。

私にとって

人生で最大のイベントであり、心配や不安の種であり、

待ち遠しい楽しみである出産は

とにかく考えることや準備することや

心の中がそれでいっぱいで

・・・

だけど旦那にとっては

『自由に出来るチャンス、12月』

だったこと。

1か月前では、もしかしたら出産もありうるし

12月は感染症の季節でもあるし

私は万一を考慮して12月の友人の結婚式を参加しないことを決めたのに

旦那にとって、私の出産は、正直どうでもいいのではないかと

不信感でいっぱいになりました。

ライブが決まれば

普段の生活だってぬけが多いのに

頭がライブのことしか考えなくなって

そのしわ寄せを私がこなしているのに

それを出産1ヶ月前にまたやらなきゃいけないのか・・・

そして

また

音響外傷の心配をしなきゃいけないのか・・・

 

難しいです。

ライブをやりたい人間と

危険を伝えたい人間。

 

妊娠・出産に関しては

男性は無関心でそんなものって、思うしかないのでしょうか。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス