読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sibainukaijuu's diary

音響外傷後の耳鳴り・聴覚過敏・耳管開放症・顎関節症等を乗り越えて普通の人生を送れるか、日々の生活を綴っています。受傷した原因をコメントにて受け付けております。避けられるケガで苦しむ人を少しでも減らせないでしょうか。皆様の貴重な体験を共有できたらと思います。ご協力いただけると嬉しいです。

知ること、伝えること

ドラム式洗濯機の死亡事故、新聞で知りました。

なんとも、やりきれない事故で

まずはじめに、ご冥福をお祈りさせていただきます。

 

日常のすぐ隣、

当たり前の生活の中に危険があり

もし

その可能性を知っていれば

気を付けることが出来た。

もし知っていたら。

 

私は正直、洗濯機でそのような危険があることを

考えたこともありませんでした。

でも

知っていたら

気をつけたでしょう

誰だって・・・。

 

この記事を読まなかったら

私は知らないままでした。

もしかすると

私の家族が同じ事故にあったかもしれません。

 

『知る』ってことは

とても簡単で

そして

大きな実を結ぶ知識です。

『知らない』ってことで

単純に片づけたり、割り切れたりすることじゃないと思います。

取り返しのつかない、知らなかったせいで起こった事故、

悔やんでも、悔やみきれないし、おそらく関係者は、それぞれが自分を責めることでしょう。

『知っていれば』

こんなことにならなかったのに。

 

知らないことが、怖いです。

全てを知ることは難しくても

知らないせいで誰かが傷つくのは、

誰かを守れないのは

怖いです。

 

せめて

新聞を読むようにしています。

自分の興味のないことでも

まんべんなく、知識が載っているので。

 

みんながみんなを守るために

お互いに知ってることを注意喚起し

教えてもらって、

回避していく必要があります。

 

私たち夫婦は、音響外傷が簡単に誰でもなる一生のケガだということを

伝えていかなければいけません。

知っているのに伝えないことは罪です。

ただしかし

旦那が提案したライブのアナウンス

『気分が悪くなったら休んでください』

それじゃ全然伝わらないんだけど・・・。

まだ全然、旦那に伝わりません。

楽しいことに目がくらんでいる相手は

いつも他人事。

目を背けたい現実を伝えるって難しいです・・・。

毎回私は、ライブの日は

旦那が音響外傷を受傷しないか

参加者に音響外傷受傷者が出ないか

帰宅するまで

数日後まで

心配で仕方ありません。

『だから言ったじゃない!!』

って怒ったって、もう取り返しがつかないんだから

解ってほしいです・・・。

怒りたいんじゃなくて、守りたいんです。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス