読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sibainukaijuu's diary

音響外傷後の耳鳴り・聴覚過敏・耳管開放症・顎関節症等を乗り越えて普通の人生を送れるか、日々の生活を綴っています。受傷した原因をコメントにて受け付けております。避けられるケガで苦しむ人を少しでも減らせないでしょうか。皆様の貴重な体験を共有できたらと思います。ご協力いただけると嬉しいです。

世界がかわる

音響外傷11か月目

また、大きな耳鳴りが・・・

音響外傷の後遺症ある右じゃなくて、左。

今日はちょっとしゃべる機会が多くて、自分の声を聞きすぎたのかな・・・

こうゆう一時的な耳鳴りの特徴は、

まるで時間が止まったような、それ(耳鳴り)だけの空間が現れる、

って伝わりますか?

なんだろ、バイクの音とかそうゆう外界の大きな音とは異なって

全ての音がつ~んって真空の世界みたいに遮断されて

そこに大きなはっきりした耳鳴りが出現するっていうか。

それ以外は感じないっていうか。

じょじょにまわりの音も現実に近づいてきて

やがて閉鎖された耳鳴りだけの世界から解放されるって感じです。

説明難しいけど、すごくクリアな、耳鳴りだけの世界なんです。

そしてそんなときは、ちょっと焦ります。

なんか、世界が切り離された感じで、

反対の耳だと、外傷受傷時の悪夢がよみがえります。

 

音響外傷11か月目に入りました。

いまだ、悪化する危険性はあり、

安定しません。

今週は診察があるので、薬をもらってきますが、

こうゆう、自覚症状が数字や画像等で表すことができない疾患に関して

医者はどこまで付き合ってくれるのでしょうか。

いうなれば、私が耳鳴りが辛いと訴えたところで、

耳鳴りが治っていないことも

日々の生活で悪化したりすることも

医者は信じてくれるのかな。

めんどくさくなって、放棄されないか心配です。

どうせ治んないんだから、来ても仕方ないよ、的な。

どうせ死なないし

痛くないし

ガマンすればいいだけだし・・・

怖いのです。

見放されるのが。

担当のドクターが、がん治療の研究のため大学病院に戻ってしまうかもしれません。

すでに、先月は診察に来なかったです。

医者が変わって、考え方が変わって、どうせ薬のんでも治んないよって方針の人になったらどうしよう・・・。

心配です。

 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス