読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sibainukaijuu's diary

音響外傷後の耳鳴り・聴覚過敏・耳管開放症・顎関節症等を乗り越えて普通の人生を送れるか、日々の生活を綴っています。受傷した原因をコメントにて受け付けております。避けられるケガで苦しむ人を少しでも減らせないでしょうか。皆様の貴重な体験を共有できたらと思います。ご協力いただけると嬉しいです。

耳の閉塞感と私の未来

事務手続きのため、公共施設へ行ってきました。

説明受けたのは、小さな声で喋るお姉さん。

数分、耳を傾けただけですが

帰宅後、耳閉感・・・。

コレ、なんなんでしょう。

医学的に解明されているのかな?

耳に幕が張ったような感じで、音が聞こえにくくなります。

耳管開放症の耳詰りとはちょっと違うんですよね。

ドクターへの診察では毎回、耳鳴りのことしか話してないけど

これも症状のひとつなんでしょうか。

耳が熱くなるのを、前医に伝えてバカにされた経験から

つい余計なことなのかな?って説明しないクセがついてます。

聴覚過敏のことも、とくに説明してないし。

実際の症状が耳鳴りで

聴覚過敏や耳閉感は、感覚的なものだから、

つい我慢して説明してません。

それに効く薬があるのかわからないし。

 

少し外出しただけで耳の聞こえが悪くなるなんて

復職できるのかな・・・。

 

私が夢見ていた未来は

バリバリかっこよく働くママ。

白衣着て、病気やケガで弱い状況の患者さんに優しく接する。

日々勉強して、新しい知識を得て、仕事に生かす。

それらを積み重ね、継続した私の存在が、家族や大切な人が病んだ時、活かすことが出来る。

役に立てる。

力になれる。

だから、そんな人生を歩みたかった。

今は

人の話が聞けない。

外出が出来ない。

医療どころか仕事に就くことが出来ない。

在宅で事務ならって思ったけど、お給料稼げるほどPCに向かうことが出来ない。

このモーター音も私の天敵。

いまの状態で、お金を稼げるほど社会は甘くなくて

無理して挑戦するより

出来るだけ治して復職する方を選びます。

 

どのくらい療養すれば

どのくらい時間が経過すれば

人並み・・・までいかなくても、それなりに外出できるようになるのかな?

 

ピンチをチャンスに。

今、与えられて時間を有効に利用して、

私はいつか必ず、社会に復帰したいと思います。

今は休み、治す。

 

一家の大黒柱だったら

音響外傷後、仕事をしなければいけなくて頑張っている人もたくさんいるだろうし、

私は幸い独身で、家があって、そんなに食べないから出費も少なくて、

お金のかからない生活をして療養できる。

そんな自分の境遇に感謝し、

休みたくても休めない人がいる世の中で

私は恵まれています。

だからこそ、しっかり休んで、復帰を目指して頑張りたいと思います。

 

ちなみに

帰宅後、右耳から機械的な耳鳴り「キ~ン」が爆音で数秒ありました・・・。

不安になって、耳の上をもんだり引っ張ったりしてたら治まりましたが。

 

ピーは機械のエラー音みたい。

エレベーターで開延長を押して開きっぱなしの時になる音も近いです。

キーンは黒板をひっかくような、機械で金属を切るような音。

 

突然の爆音は、奥で鳴ってた音が一瞬脳の近くに来るのかな?

 

低音ならもっとガマンしやすいんだけど・・・。

 

 

 

 

 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス